開発者の想い

2013年の販売から、ノークレームノーリターン。リピート率90%。これはブラジャーではとても稀有な現象です


西沢式フィッティングブラジャーを開発したのは、ブラジャーの研究所=🔗株式会社BRALABOの代表、🔗西沢桂子です。20代の頃ファッション雑誌や女優さんのスタリストをしていた西沢は、バストメイクと洋服のシルエットの関係に興味を持ち、パターンについて独学で研究をしていました。

40代で、研究による知識を買われて、上場の通販会社にハンティングされ、下着カタログの編集長を担当しました。商品企画にも携わりながら、年間に100品番ほどのブラジャーのバストメイクと着け心地を分析し、文章やビジュアルにしてお客様に伝える仕事をしていました。

その中で、柔らな素材をアンダーベルトに使うと上下に強いゴムを使うことになり、むしろ締め付けも出て肌へ痕が残ること。盛りブラはカップ容積を少なくして溢れさせていて、カップの中ではバストが圧迫され、溢れたバストは揺れてクーパー靭帯を守れていないこと。日本人は平たい身体でバストの幅も広いのに谷間ブラのワイヤーは幅が狭いこと。。。etc..多様性のもと作られているものの矛盾や無理が多くあることを知りました。

また競合に勝っていくため、強いインパクトで差をつけていくために「新機能」「新素材」「新部品」などが付加された商品が開発されていきましたが、インパクトほどの効果はなかったり、インパクトとはうらはらに長く着けていると疲れたり、それはお客様のためなのかと納得がいかないことが多々ありました。

そして、1点の曇りもない本当に自分も着けたい、これさえあれば大丈夫。と言えるブラジャーを開発してみようと考えました。自分を含めてエイジングや体型変化に悩める女性のために目指したのは、もちろん、ズレない。締め付けない。軽い。美胸です。そしてブラジャーを外した時も裸の胸が美しい美乳も加えました。

そしてそれを具現化する論法に、人体とバストの構造に対して従順で、ブラジャーの役割を追求することを選びました。また部材や化学的な機能素材に頼らず、不変的な設計であることを考えました。


その実力はバストアップサロンが感動し、乳がん体験者が信頼する他にはない存在。良いものは良いという本物ならではの現象です


女性なら誰でも望む、ズレない。締め付けない。軽い。美胸、美乳を実現する「西沢式フィッティングブラジャー」は、多角的なニーズに対応し、お客様の層を広げています。

まず発売当初より、自社サロンでは良いものを求める大人の女性に選ばれてきました。外側が派手で華やかなタイプの方より、自分自身の全体像を把握し、内側に目を向けて、その内側の在り方が外側に現れるという、知的な思考の方が多いと感じます。大人の女性として相応しい身だしなみで、整った自分で生きて行くために、西沢式フィッティングブラジャーを愛用くださっています。

またバストを手技や栄養指導で育てるサロンが、呼吸がしやすい血流を妨げない、バストを美しく保つための日常環境として相応しいブラジャーとして、また美しいバストラインを表現するブラジャーとしてお客様への販売に西沢式フィッティングブラジャーを導入しています。

また乳がんで乳房を失った方が、市場のブラジャーや乳がん用と言われるブラジャーでも難しい、左右対称と美胸ラインを表現をするブラジャーとして、自分のバストとシリコンのバスト(パッド)の素材の違うふたつのバストに対して着用しています。ズレることのない快適なブラジャーとして、手術をしたデリケートな身体にも安心して着けられるブラジャーとして、選んでいらっしゃいます。


かなり奇跡に近いプロダクト。販売代理店や知財リースで広めて行きたいと思っています


ブラジャーとはパターンの寸法、素材を縫い合わせた仕上がり寸法、人の身体に着けた寸法が違うので、イメージして見極めること部分が非常に多いものです。またパターンの取り方、縫製仕様のやり方も方法としては何通りもある、、といいますか工場によっても違います。そこを自分の目指すものに対して、確信を診断し見極めていくということは、至難の技で、一点の曇りもない規格をつくるということは奇跡に近いことです。

手前味噌ではありますが、西沢式フィッティングブラジャーは、その奇跡です。

だから是非、良いものの価値、もたらす有益を体感したい方に共有したいと願っています。

代理店販売や貴社オリジナルをつくることにご興味がある方は是非ご連絡くださいませ。

初期投資も在庫リスクもなくできる販売代理店募集はこちらから

貴社のオリジナルを西沢式フィッティングのパターンでつくれる知財リースはこちらから